fc2ブログ

実りの季節

父 他界 満87歳

4月28日 火曜 父他界

3月に肺炎になり 日赤に入院しました。
その後 退院許可が出て家に帰りましたが
かかりつけの病院に行くと
数値が完全に下がってないという事で
入院しました。

それから 一か月たち
快方には向かわなくても 安定してましたが
ある夜、なんとなく ざわざわした気持ちになり
夜9時 自転車に乗って父の病院へ行くと
病室がてんやわんやの事態になってて
父の体温が急激に33度まで下がったと告げられました。

夜が明けるまで対処すべき事を考えました。
 自宅にも実家にもしばらくいけないだろう
 まずパーキンソンの母は一人にしておけない
 母のショートステイ契約をしてるのは2か所あり
 父の病院が経営してるショートステイも契約してるから ベストはそこだ
と考えて
朝8時にケアマネージャーに電話して
ショートステイの手配をしてもらいました。


その日から 父は4日間 集中治療室にいて
私も寝ずにつきそいました。
2日目、東京から弟が来たのでショートステイにいる母を
連れてきました。
4人顔を合わせたのはこの時が最後です。
母は 「ひどい、ひどすぎる」と言いましたが
それは 私に言った言葉だったのか???
徹夜続きで 私の頭は朦朧としてましたが
その夜 父は母の名前を呼んだような気がします。

4日目の深夜 私がほんの一瞬うつらうつらしてる時に
父の呼吸が止まりました。

呼吸が止まった後も、30分ほど心拍がありました。

最後の4日間 父はマラソンにしてるように呼吸が荒く
これでは 心臓が弱る、と主治医から言われてましたが
無呼吸になった後も動いてる、とても強い心臓でした。





関連記事
スポンサーサイト



Last Modified :

Comments







非公開コメント